【vol.225】チョロ松(別府/居酒屋)

居酒屋|〜2,999円|一人で|友人と|

別府湯上り飲み歩きマップ(11)


まさに酒場という雰囲気がたまらない老舗居酒屋さん。名物のかも吸は注文必須だが、それ以外のメニューのレベルも非常に高い。瓶ビールがよく合う、ゆっくりと飲みたいお店です。


チョロ松
別府駅より徒歩6分ほど、多くの飲食店が並ぶ北浜通りにあります。カウンター席や座敷など、定員は32名。


チョロ松
サッポロ黒ラベル中瓶、730円。別府にはほとんどない黒ラベルが!ちょいと高いけど…!笑


チョロ松
ポテトサラダ、550円。じゃがいもはしっかり形を残すタイプ。後乗せのゆで卵がいいですね。


チョロ松
地鶏たたき、650円。新鮮で弾力のある歯ごたえがいいです。たっぷりの薬味が嬉しい。


チョロ松
いか天、730円。衣が薄めの天ぷら、身からゲソまで入っていてボリュームしっかり。ビールには最高です。


チョロ松
ヱビス中瓶、730円。


チョロ松
自家製茹舌(ゆでタン)、880円。しっとりした食感と濃厚なタンの旨味…絶品です!これは家に常備したい逸品。日本酒とも相性いいと思います、チビチビずっと飲めそう。


チョロ松
蕗の胡麻和え、450円。まろやかでクリーミーな胡麻ダレがみずみずしい蕗にしっかり絡んでいます。シャキッとした食感もいい。


チョロ松
かも吸そば入、1,450円。名物の1品、まず、ふわっと広がる柚子の香りがとてもいい。しっかり鴨ダシが効いたスープ、鴨の肉と内臓もゴロゴロと入っています。他にはネギやごぼうやコンニャクなど。塩のシンプルな味付けと、ダシをよ〜く吸ってくれる太めのちゃんぽん麺は〆にばっちりです。


他、寄せ豆腐(470円)、なす田楽(620円)、牛すじ酢もの(650円)、地だこ酢味噌(680円)、若鳥から揚げ(790円)、琉球(780円)、城下かれいから揚げ(1,000円)など。

飲み物は、サッポロ黒ラベル生中(550円)、グラスワイン(520円)、梅酒(670円)、ふぐひれ酒(830円)など。日本酒は、西の関純米酒(630円)、鷹来屋特別純米酒(730円)などシンプルな品揃え。


昭和30年創業ということで、さすがの安定感・安心感です。名物メニューのかも吸いを中心にどれも美味しく、雰囲気もいわゆる“老舗の酒場”的な落ち着きつつ活気もある、非常にバランスのいい居酒屋です。

1品の値段はそこまで安くないので、2〜3人だといろいろ楽しめるかも。ただ、年季の入ったカウンターで一人というのもかなり良さそうですけどね!


気になった方はひとまず瓶ビール×〆のかも吸いを体験してみてください!


【vol.225】チョロ松(別府/居酒屋)

最寄り駅:別府駅
住  所:大分県別府市北浜1-4

“大分県別府市北浜1-4”


営業時間:17:30~24:00
定休日 :月曜(祝日の場合は火曜)

ジャンル:居酒屋
予  算:〜2,999円|
どんな時:一人で|友人と

予  約:可
電話番号:0977-21-1090


☟気に入ったお店は以下のボタンを押してシェアをお願いします!
Posted in ◆別府, ◇大分県, ●居酒屋, ★gallery, ☆blogComments Closed 

関連記事