【vol.219】にはち(別府/蕎麦)

蕎麦|日本酒|〜2,999円|昼飲み|一人で|友人と|デート|

別府湯上り飲み歩きマップ(5)

自家製粉で手打ちという職人の技が光る本格蕎麦屋。日本酒もこだわりのセレクトで、蕎麦屋ならではのつまみも充実。昼飲みが好きな人にはこれ以上ないくらい極上の空間です。

にはち
別府駅から徒歩5分ほど、西法寺通り沿いにあります。店内はカウンター5席と4人掛け・2人掛けのテーブルが1つずつ。

にはち
一人でもサッと入りやすいカウンターがとてもいいです。

にはち
川鶴の特別純米・雄町・無濾過生原酒、700円。香川県観音寺市の川鶴酒造の日本酒。柔らかめの口当たり、スッと通る香りも爽やかです。昼の訪問だったんですが、蕎麦屋飲みということで早速日本酒からいただいちゃいました!いや〜最高!笑

にはち
だし巻き、600円。固すぎす柔らかすぎず、絶妙な焼き具合。ダシがしっかり効いていてとても美味しいです。添えられた大根が長野県の辛味大根で、ピリリとした刺激がこれまたお酒をすすめます…!

にはち
八海山の越後で候・純米吟醸・しぼりたて原酒、800円。新潟県南魚沼市の八海醸造の日本酒。おなじみ八海山ですが、越後で候の赤ラベルは年に1回、12月限定で発売されるなかなか貴重なもの。しぼりたて原酒なのでフレッシュながら上品なまとまりかたをしています。

にはち
青唐辛子が入った味噌。嬉しいことにサービスでいただいちゃいました…!蕎麦屋で味噌、最高です…。これだけで日本酒2合くらいは余裕でいけちゃいます。

にはち
新政のNo.6・S-type、800円?秋田県秋田市の新政酒造の日本酒。口当たり、喉越し、余韻のバランスがさすが。ラベルはワインっぽいですが、お寿司やお蕎麦に本当に良く合います。純粋に美味しい日本酒です。

にはち
〆張鶴の純米吟醸、700円。新潟県村上市の宮尾酒造の日本酒。まろやかながらスッキリとした後味。料理には何でも合いそうな、スタンダードな感じ。あぁ、大将との会話も楽しくて飲みすぎてしまう…笑

にはち
ざるそば、800円。フワッとそば粉の香りが立ちコシのいい蕎麦、美味しいです。まずはそのまま、次にお塩をちょっと振って、最後に汁をつけて。〆に最高です。店名の通り二八蕎麦なんですが「2:8」ではなくて「2:10」だそう。

他お蕎麦は、かけそば(800円)、おろしそば(950円)、鴨汁せいろそば(1,450円)、薬膳寺そば(1,400円)など。一品料理は、そばがき(600円)、鴨ねぎ焼き(600円)、板わさ(600円)、桜えびかき揚げ(600円)など。

飲み物は、生ビール(700円)、本格焼酎(1,000円)など。日本酒は義侠(700円)、三千盛(700円)ほか、仕入れによって美味しいお酒が揃っています。生ビールはこだわりのキリン・ブラウマイスター。

大将に、次回来たときのおすすめとして晩酌セット(2,000円)を教えてもらいました!日本酒1合かビール1本+そば前(そば味噌、たたみいわし、板わさ、焼き海苔など)+小サイズの蕎麦が付くそうです。蕎麦屋飲みしたいなら、ベストなセットだかと。ちなみに“晩酌”と付いていますが、昼の時間帯でもOKとのこと!

一人でも入りやすいこじんまりとした店構え、そしてカウンター。大将もお酒が大好きだそうで、日本酒はこだわりのラインナップ。そして〆のお蕎麦もばっちり美味しいということで、蕎麦屋飲み好きのツボを全て押さえてくれている、素晴らしいお蕎麦屋さんです。

できれば昼に行くのがおすすめです!是非!


【vol.219】にはち(別府/蕎麦)

最寄り駅:別府駅
住  所:大分県別府市駅前町7-15

“大分県別府市駅前町7-15”


営業時間:11:00~14:00
     18:00~23:00
定休日 :火曜、第三月曜

ジャンル:蕎麦|日本酒
予  算:〜2,999円
どんな時:一人で|友人と|デート

予  約:不明
電話番号:0977-22-2810



2015-08-08 | Posted in ◆別府, ◇大分県, ●蕎麦, ★gallery, ☆blogComments Closed 

関連記事