【特集No.4】とろ〜り煮込みが絶品!デートで行きたい東京の居酒屋5選

R0010277
まだまだ寒い時期が続くこの時期、「心も体も芯から温まる、美味しい煮込みが食べたい!」、そんなことを思う日も多いのではないでしょうか?


今回は煮込みが絶品なうえにデートで行きたい落ち着いた雰囲気のいい居酒屋を5軒ご紹介いたします!


岸田屋(月島/居酒屋)


岸田屋
いつ何時も長蛇の列が絶えない人気の老舗大衆酒場。東京三大煮込みの一つとされる牛にこみが名物。料理から雰囲気までじっくり味わいたい名店です。


R0009379
牛にこみ、500円。東京三大煮込みの一つとされています。コクのある味噌ベース、シロやガツなどいろいろな部位が入っていて、とろっとろに煮込まれていながらも、それぞれの食感もしっかり感じられて、とっても美味しいです。大盛りのネギもさっぱりと良いアクセント。


R0009360
もう一つの名物、肉どうふ、680円。牛肉、豆腐、ざっくり大きめに切られた長ネギが、すき焼きのように甘辛く煮込まれて出てきます。長ネギがジュグッとするほど味がよ~く染み込んでいて、それを肉に巻いていただくのが最高です!


R0009411
こちらも是非食べておきたい、穴子の煮付け、650円。ほっくり柔らかい身に、コクのある濃いタレがしっかり染み込んでます。寒い時期はお燗酒と一緒にいただくのが最高です。


岸田屋のもっと詳しい情報はコチラ→【vol.199】岸田屋(月島/居酒屋)


山利喜(森下/居酒屋)


R0009471
大正14年創業の老舗居酒屋。東京三大煮込みの一つとされる煮込みが名物。歴史がありながらもフランス料理を取り入れた斬新な料理が揃う、居酒屋の名店です。


R0009495
煮込み玉子入り、630円。東京三大煮込みの一つとされています。なんと赤ワインが入っているので、いわゆる“居酒屋の煮込み”とは一線を画す洋風な味わいです。牛シロの脂の部分が残っているのでしっかりとコクもあり、ガーリックトーストと一緒に食べてもよく合います。


R0009545
老舗居酒屋のメニューとは思えないお洒落な1品、豚肉と鶏レバーのテリーヌ、800円。肉の旨みがギュッと詰まっていて、ゆっくりと赤ワインを楽しむには最高のおつまみです。店内にワインセラーもあるので、料理に合うワインを店員さんに尋ねてみるのもいいかもしれません。


山利喜のもっと詳しい情報はコチラ→【vol.20】山利喜(森下/居酒屋)


鈴木屋(白金高輪/もつ焼き)


R0010139
開店と同時に満席になってしまう知る人ぞ知るもつ焼き屋。とっても澄んだ煮込みは是非食べておきたい1品です。少し上品な雰囲気な、地元の方々に愛されているお店です。


R0010148
煮込み、370円。塩ベースのさっぱり透明なスープ、こんなにも澄んだ煮込みはそうそうないでしょう。味はあっさり上品ながらもモツの旨味をしっかりと感じられます。本当に全くと言っていいほど臭みがないので、もつ煮込みが苦手な人にも是非食べてみていただきたい1品です。


鈴木屋
レバーとぺてん、各1本150円。レバー(左)、なんと美しい串でしょう!濃厚なレバーの香りが口いっぱいに。そして塩加減がかなり絶妙です、さすが。ぺてん(右)とは頭肉のことみたいなんですが、いわゆるカシラなんだと思います。いい食感とジューシーな脂。


R0010224
こちらも是非食べておきたい名物のつくね、1本170円。味付けはタレでお願いしました。注文時にピーマン(130円)は付けますか?と聞かれるので一緒に食べてみてください!軟骨を含んだつくねの肉の旨味と、生ピーマンのシャキッとした食感のコンボがとっても美味しいんです。


鈴木屋のもっと詳しい情報はコチラ→【vol.203】鈴木屋(白金高輪/もつ焼き)


煮込みや まる。(荻窪/居酒屋)


R0010250
煮込みが美味しく、気の利いたお酒が豊富な居酒屋。煮込みは塩、醤油、味噌の3種類を常備しています。一人で切り盛りする若女将の細かい気遣いも素晴らしい、若き名店です。


R0010277
牛すじ煮、450円。ほろほろ柔らかい牛すじと、しっかり味の染み込んだ煮玉子が味噌味に煮込まれています。七味を4種類の中から選べるのも嬉しい。本編のモツを食べ終わったあと、残った牛スジスープにバゲットとチーズを加え、オニオングラタンに調理してもらうことも可能です。オススメ!


まる。
豆アジの南ばん漬、400円。お酢の付け具合が絶妙です。思わず日本酒を飲みたくなってしまう、手造りの1品。この日は山形県の日本酒・杉勇と一緒にいただきました。このお店では日本酒を女優さんに例えて表現しているのが面白く、そういった細かい気遣いでも楽しませてくれます。


まる。
まだ新しい(2013年に開店)にもかかわらず、ゆっくりとした時間が流れているような落ち着いた雰囲気も魅力の一つです。カウンターの前にある囲炉裏や酒燗器もとても素敵です。


煮込みや まる。のもっと詳しい情報はコチラ→【vol.13】煮込みや まる。(荻窪/居酒屋)


たつや(沼袋/やきとん)


たつや(沼袋)
2010年にオープンしてから瞬く間に人気店になった、やきとん屋。串の絶妙な焼き加減が素晴らしいです。名物のもつカレーやもつミック酢など、1品メニューも充実しているのが楽しい名店です。


R0009328
牛すじ塩煮込み、400円。塩ベースなのであっさりしつつも、牛すじのコクが美味しい煮込みです。添えられた柚子胡椒が良く合います。モツがゴロゴロ入っていて食感がたまらない名物のもつカレーもオススメです。是非バゲットとご一緒に。


たつや(沼袋)
ちれ、1本100円。味噌ダレで。大好きで必ず頼む1本。もちっとした食感とコクのある旨味、そこに濃厚な味噌ダレがよく合い、とっても美味しいです。これを100円で出されちゃうと、他のお店での要求がグ〜ンと上がっちゃって、なかなか満足できなくなって自分でも困るほど…!笑


たつや(沼袋)
やきとん屋では珍しい西京漬け焼き串(1本300円)も絶品です。炭火でじっくり焼くと、こんなに美味しいのか!と驚くこと間違いなしです。毎日あるわけではないので、あったら是非食べてみてください。この日はたまたま入荷のあったフクひれ酒と一緒に。最高の組み合わせでした。


たつやのもっと詳しい情報はコチラ→【vol.1】たつや(沼袋/やきとん)


☟気に入ったお店は以下のボタンを押してシェアをお願いします!
Posted in ●居酒屋, ●やきとん・もつ焼き, ○特集, ☆blogComments Closed 

関連記事