【vol.20】山利喜(森下/居酒屋)

居酒屋|〜3,999円|煮込み|一人で|友人と|デート|★|宮|


東京三大煮込みの1軒、山利喜へ。(他の2軒は月島の岸田屋と北千住の大はし)


R0012936
初めてだったのですが、こんなに綺麗な店構えだとは全く思ってなかった。


R0012943
お通しのちりめん山椒(300円)とサッポロ赤星大瓶(620円)。


R0012953
煮込み玉子入り、630円。小鍋にグツグツした状態で登場。シロの脂がかなり残っているモツです。そして、いわゆるもつ煮込みの味噌ベースの味とはだいぶ違って甘さがほとんどない。赤ワインが少し入っている模様。美味しいです。


山利喜
目の前でこのように煮込まれていました。


R0012959
フランス産のうずら焼(半身)、550円。うずらの卵はよく食べますが、うずら自体ってあんまり食べたことがないなと思い注文。炭火でじっくり焼かれ、フランス産の岩塩と一緒に。とても美味しい岩塩でした。


他は、やきとん各種2本(300円)、ガツ刺し(550円)、豚肉と鶏レバーのテリーヌ(800円)、くさや(600円)など、ちょっと値段が高めです。

飲み物は、生ビール大(700円、キリン)、レモンサワー(400円)、グラスワイン(650円)、日本酒(650円~)など。


僕は普段あまりもつ煮込みを頼まない(どれもそこそこ美味しくて振れ幅が少ない気がするからあまり好んでは頼まない)のですが、確かにここの煮込みは他のそれとは違い、初めての味だったし美味しかった。でも正直、もつ煮込みではなく他の料理を食べた感覚に近いかも。そして一番のネックは値段。やはりもつ煮込みというもの、高くても400円代じゃないと頻繁に食べられませんからね、大衆居酒屋の煮込みとは違うんだな、と。

今度はワインと一緒にいただいてみたいです。

————————————————————————————————————————
【vol.20】山利喜(森下)

最寄駅:森下駅
住 所:東京都江東区森下2-18-8

“東京都江東区森下2-18-8”

——————————————————————————————————————————

☟気に入ったお店は以下のボタンを押してシェアをお願いします!

関連記事