【vol.35】三好(新世界周辺/中華)

中華料理|〜2,999円|友人と|宴会・打上げ|


通天閣のほぼ真下にある昔ながらの中華料理屋さん。観光地のど真ん中にありながらも、地元にある行きつけの中華料理屋のようなホッとできる雰囲気が最高です。


三好
通天閣本通商店街にあります。隣に「甘党・三好」という甘味処があったのですが、経営者は同じなのかな。


三好
二階が大人数でのも入れるお座敷になっています。テーブルが円卓になっているのがとても良いです。円卓が3つあるので入ろうと思えば30人は入れるかと。


三好
まずは乾杯のビール、キリン大瓶、550円。


三好
手作り餃子(5個)、600円。餃子5個で600円というと結構強気な値段設定ですが、納得のお味。肉は三元豚を使っているらしく、非常にジューシーでした。


三好
小海老天ぷら、850円。天ぷらというよりかはスナックに近い感じでカリッと揚げられていました。一緒に付いてきた八角入りのお塩が美味しかった。


三好
五種冷菜盛り合わせ、2000円。入っていたのは、ピータン、キュウリの甘酢漬け、蒸し鶏、やきぶた、くらげ醋の5種。これだけで何杯も飲めます。


三好
鶏肉とカシューナッツ炒め、1000円。色とりどりの野菜が嬉しい。


三好
八宝菜、850円。こちらも野菜たっぷり、他には豚肉や海老やイカなど。


三好
黒酢スブタ、1000円。スブタは基本的に黒酢を頼んでしまいますねぇ、美味しかった。


三好
〆に五目炒飯、950円。なんだかコロモコ風に目玉焼きがのってました。スタンダードですが、安定の美味しさ。


三好
ここでちょっとクールダウンしながらの紹興酒、8年もの1合、600円。非常に飲みやすいショコサン(紹興酒)です。


三好
最近はショコサンを頼んだら必ず頼むものがありまして…それは大学芋なんですが、ここでは芋のあめだき、という名前でした、600円。そして品が来るや否や大興奮してしまったのですが、僕が“氷で冷やす形式”と呼んでいる大学芋でして、飴がまだアツアツの状態で出てくるので、急いで氷水で冷やさないと全部が固まってしまうんです。それを忙しなく食べる感じと、そしてこれが非常に美味しいので大好きで…。まだ地元藤沢の中華料理屋・泰同門でしか見たことがなかったのでめちゃくちゃ嬉しかった…!


他は、豚肉とピーマンの炒め物(850円)、豚バラのやわらか煮(1000円)、麻婆豆腐(700円)、小海老チリソース(1200円)、タンタン麺(800円)、五目ヤキソバ(900円)など。

飲み物は、青島ビール(500円)、キリンレモンチューハイ(400円)など。


単価はそこまで安くないですがそれぞれの量がしっかりあるので、3人以上とかで行くといろいろ楽しめるかもしれません。誰かの実家のように落ち着ける二階のお座敷、おすすめです。

————————————————————————————————————————
【vol.35】三好(新世界周辺)

最寄駅:動物園前駅、ほか多数
住 所:大阪府大阪市浪速区恵美須東1-17-9

“大阪府大阪市浪速区恵美須東1-17-9”

——————————————————————————————————————————

☟気に入ったお店は以下のボタンを押してシェアをお願いします!

関連記事