【vol.41】丑寅(なんば/立ち飲み)

立ち飲み|〜1,999円|一人で|友人と|


“裏なんば”と呼ばれているあたりにある人気の立ち飲み屋さん。立ち飲み屋としては全体的に客層が若く、とても活気があります。女性のお客さんも多い印象。


丑寅
【vol.39】で紹介した櫛羅(くじら)のすぐ近く、細い裏路地にあります。このお店も透明のビニールシートで中が見えるようになっていますね。


丑寅
キリン中瓶、450円。大阪では大瓶が500円を切るところも多いので、ちょっぴり割高な印象。


丑寅
ハマチ造り、350円。しっかりしたお刺身のお造りが350円というのはいいですね。藤沢の行きつけ、○勝商店のよう。


丑寅
カキのかすみ煮、350円。ちょっと写真ではわかりづらいかと思いますが、大ぶりの牡蠣が3つ入っていて美味しかった。みつばも嬉しい。


他、ヨコワ焼霜造り(450円)、柚子なめろう(450円)、たこぶつ(350円)、サバ大根(350円)、肉豆腐(350円)、イカワタルイベ(350円)、イワシ明太焼(250円)、スパサラ(250円)、しょうが天(180円)など。

飲み物は、生ビール(350円)、チューハイ(350円)、焼酎(350円から)、清酒(350円、千代菊)、地酒(500円から)など。


お店のポリシーとして、「長居無用」、「どうぞおひとりかふたりでお越しください」というのがあるようです。厳しいお店に聞こえるかもしえませんが、お店にいる限り特にそんな印象もなく、単に非常識にうるさい団体のお客さんはお断り、というごく当たり前のことを明言してくれているだけのことだと思います。

メニューも気になる品ばっかりだし、料理も美味しく、お店の雰囲気も良いです。が、若干ですが値段が高いかなと思いました。というよりか、メインのアテになる250~300円のメニューがもう少し多いといいな、という感じかもしれません。


一人でじっくり飲むというよりも、友達と二人でたわいもない会話でもしながら楽しむ方が、このお店には向いているのかも。

————————————————————————————————————————
【vol.41】丑寅(なんば)

最寄駅:難波駅
住 所:大阪府大阪市中央区難波千日前15-19

“大阪府大阪市中央区難波千日前15-19”

——————————————————————————————————————————

☟気に入ったお店は以下のボタンを押してシェアをお願いします!
Posted in ◆ミナミ, ◇大阪府, ●立ち飲み, ★gallery, ☆blogComments Closed 

関連記事