【vol.187】川栄(赤羽/居酒屋)

居酒屋|やきとり|うなぎ|〜3,999円|昼飲み|一人で|友人と|


新鮮な鶏料理を存分に楽しめる老舗居酒屋さん。こだわりのホロホロ鶏を使用しているほか、鰻も美味しいことで有名。飲み屋が多い赤羽で昼から飲めるハズせない名店です。


R0008207
赤羽駅東口から徒歩5分ほど、駅前ロータリー左側(北側)の1番街アーケードをくぐり直進、まるます家の角を左折し、すぐ右手の細い路地にあります。店内1階は4人掛けテーブル3つと2人掛けテーブル1つ、2階は20名ほど入れる座敷になっています。


R0008214
キリンラガー大瓶、700円。


R0008220
お通しの合鴨スモーク、350円?かな。しっかりおつまみになるお通しです、さすが。


R0008259
ホロホロ鶏の刺身三点盛り、1,400円。いや〜、色つやからして素晴らしいです。手前からモモ(わさび醤油)、砂肝(ごま油)、ムネ(にんにくダレ)。新鮮で繊細な食べものであるがゆえに「提供から1時間以内に食べてください」との指令が!


R0008254
どれも美味しかったんですが、特にモモのたたきが絶品でした。程よく弾力のある食感と炙りの香ばしさ、そして噛めば噛むほど感じられる旨味…。最高です。


R0008241
ホロバラ串、1串300円。ホロホロ鶏のいろんな部位(4〜5種類)を一串にした贅沢な串。シンプルに塩での味付けなので、それぞれの味の特徴が口の中で混ざってなんだかすごい!ちょっと初めての感覚かも。なので、一気にバクリといってしまった方が面白いと思いかと。


R0008269
日本酒「蔵」、2合880円。お燗で。福島県喜多方市の峰の雪酒造の日本酒です。すっきり辛口で鶏料理ともよく合う。おちょこを数種類の中から選べるのも楽しいです。


R0008235
鶏もつ皮煮込み、500円。さっぱりと澄んだ塩味の鶏ダシ、いわゆる居酒屋の煮込みから考えると上品な印象。“きんかん”と呼ばれるホロホロ鶏の卵(殻と卵白が出来る前)の弾力のある食感が特徴的でした。


R0008261
粕漬けお新香盛、500円。自家製です。〆に。


他、白レバレバテキ(550円)、ホロホロ鶏白レバーペースト(600円)、鶏チャーシュー(600円)、せせりの辛味噌焼き(480円)、鴨燻製のポテトサラダ(390円)、ほろスープ(350円)など、鶏メニューがやはり豊富です。そしてご存知の方も多いと思いますが鰻も有名で、鰻各種(上1,700円、特上2,900円)、鰻のオムレツ(950円)などもあります。

飲み物は、生ビール大(700円、キリンラガー)、チューハイ(400円)、緑茶割り(450円)、焼酎各種(450円)、ウィスキー山崎(700円)など。地酒は獺祭(1,800円)、一ノ蔵(950円)など、ちょっと値段はしますが銘酒が数点あります。


これだけ新鮮な鶏料理が食べられるのはやはり貴重ですね。刺身や串の程よい食感としっかりした旨味は、やはり普通の居酒屋のトリとは差があるように思いました。次回は鰻も食べなきゃなぁ!

一旦昼休みはありますが、11時半から飲めるのも嬉しいところ。


ちなみにしばしば登場しているホロホロ鶏ですが、基本的に熱帯地方に生息しているキジ科の鳥。フランス料理などではしばしば使われているみたいです。日本ではほとんど飼育されていないようですが、川栄で使用されているのは岩手県花巻市の「石黒農場」で育てられたものだそう。


赤羽はいいお店が多いので迷っちゃいますが、是非こちらも!


【vol.187】川栄(赤羽)

最寄り駅:赤羽駅
住  所:東京都北区赤羽1-19-16

“東京都北区赤羽1-19-16”


営業時間:11:30~14:00(月〜土)
     18:00~21:30(月〜土)
     11:30~17:00(日・祝)
定休日 :水曜

ジャンル:居酒屋|うなぎ|昼飲み|
予  算:〜3,999円|
どんな時:一人で|友人と

予  約:可
電話番号:050-5869-0614(予約)
     03-3901-3729(問合せ)


☟気に入ったお店は以下のボタンを押してシェアをお願いします!

関連記事