【vol.177】つるかめ食堂 歌舞伎町店(新宿/居酒屋)

定食屋|居酒屋|〜1,999円|昼飲み|一人で|友人と|★|


歌舞伎町のど真ん中にありながら落ち着いて飲める定食屋さん。素朴で家庭的な料理が多く、値段も良心的。昼の11時30分から営業しており、定食を食べながら昼飲みもできるという知っておきたいお店です。


R0002005
新宿駅東口から徒歩5分ほど、歌舞伎町交差点から元新宿コマ劇場へと向かうセントラルロードを直進、最初の十字路を右折、少し進んだ右手にあります。店内は2人掛けテーブル5つ、4人掛けテーブル3つ、大きいテーブルが1つ、定員は35名ほど。


R0008343
サッポロ赤星大瓶、650円。


R0008348
マカロニ、200円。メニューはマカロニという表記ですがいわゆるマカロニサラダ。間違いないマヨ具合、安定の味です。


R0008360
ハムカツ、350円。これはかなりいい!ハムが薄いのでほぼ風味のみ、使っている油もあまり新しいものとは思えない匂いがして(ってこういう揚げものの場合はとても良い意味で言ってます!笑)、非常にお酒がすすむハムカツに仕上がっております。


R0008384
レモンサワー、450円。これがちょっと不思議な味というか、ほんのり甘めで焼酎っぽくない味。たぶんですが、グラスの通り氷彩サワー(ホワイトブランデーをベースにしたサワー)なんではないかと。


R0008358
しめ鯖、300円。これは写真を撮る前に食べてしまったわけではなく、こういう盛り付けでした(笑)〆は強めです。


R0008373
ピーマン天、300円。シンプルですがとてもいいです。ちゃんと大根おろしが入った天つゆが付いているのも嬉しいところ。


R0008387
梅サワー、450円。う〜ん、これもちょっと変わった甘さなのでホワイトブランデーベースなのかも。


R0008378
肉じゃが、300円。この家庭的具合は最高ですね!ボリュームもしっかりで、全体的な彩りや入っているものもベストです。おつまみにももちろんなりますが、焼魚もとか欲しくなりますね、ご飯と一緒に。笑


R0008388
焼うどん、700円。この盛り付けはちょっと驚いたというか、これは実家というかむしろ一人暮らしで盛り付けを全く考えないで作った感じの焼きうどんでした(笑)味は美味しかったですが!


R0019105
ちなみにこれは別の日に食べた、さばの味噌煮定食、750円。ボリューム優先でならば日替り定食(750円)がオススメです。


他、ポテトサラダ(200円)、月見とろろ(250円)、ハムエッグ(350円)、イカ天(350円)、もつ煮(400円)、ぶり大根(400円)、いか納豆(450円)、さば味噌煮(450円)、豚キムチ炒め(500円)、ジンギスカン(500円)、あこう鯛粕漬(650円)など。

飲み物は、生ビール(500円)、日本酒(400円)など。基本的に定食屋さんというスタイルなので、お酒の種類はシンプルです。


歌舞伎町のど真ん中にありながら、素朴で家庭的なおつまみが多く、価格も良心的なのがなんとも嬉しいところ。店内の雰囲気も、客層はやっぱり歌舞伎町にいるんだなという気はしますが(笑)、とても落ち着いています。

さらに昼は11時30分から、夜は23時30分まで営業で、どの時間でも飲めるし、お腹が空いているときは定食を食べられるというのが素晴らしいです。家の近くにあったら頻繁に通うだろうなぁ。


やはり「つるかめ食堂」といえば、まずは思い出横丁のつるかめ食堂を思い浮かべる方も多いと思いますが、どうやら親戚(店主が兄弟?)のようですね。ちょっと曖昧で申し訳ないのですが。ともかくどちらも良いお店です。


歌舞伎町付近でゆっくり飲みたいときには是非!


【vol.177】つるかめ食堂 歌舞伎町店(新宿)

最寄り駅:新宿駅
住  所:東京都新宿区歌舞伎町1-15-8

“東京都新宿区歌舞伎町1-15-8”


営業時間:11:30~23:30
定休日 :第3水曜・お盆・年末年始

ジャンル:定食屋|居酒屋|昼飲み
予  算:〜1,999円
どんな時:一人で|友人と

予  約:不明
電話番号:03-3200-2846


☟気に入ったお店は以下のボタンを押してシェアをお願いします!

関連記事