【vol.189】餃子専科LEE 本店(新宿/中華)

中華料理|〜1,999円|深夜営業|一人で|友人と|


26種類の餃子がある餃子専門店。歌舞伎町の奥にあり、ディープな立地も面白い。朝4時まで営業しており、餃子好きはもちろん、飲み屋使いとしても知っておきたいお店です。


R0002011
東新宿駅から徒歩6分ほど、新宿駅からは徒歩12分ほど。新宿駅からだと、区役所通りを北に真っ直ぐ進み、左手にバッティングセンターが見えたら次のブロックの角にあります。1階はカウンター5席くらい、2階は4人掛けテーブルが4つ、外のテーブルでも飲めます。


R0021787
生ビール、600円。餃子で飲むとなると、やっぱり1杯目は生ビールがいいかなと。スーパードライ。


R0021795
特製LEE餃子、5ヶ520円。まずはお店の名前が付いている定番餃子からでしょう!と3人前を注文。さすが“餃子専科”と名乗るだけあって、見ただけでわかる最高の焼き加減!カリッといい食感の皮、それを口に含んだ瞬間にニンニクがばっちり利いたジューシーな肉汁が溢れてきます。これは間違いないですね!


R0021796
チャーハン、700円。特徴があるわけではないですが、メニューに書いてある通り「餃子と一緒に是非食べたいチャーハン」という意味ではちょうどいい具合のシンプルさ。


R0021799
上海ワンタン、850円。ぷるんとしたモチモチの皮にギッシリ具が詰まっています。スープはスープでコクがあってしっかり美味しいので一石二鳥感あります。


R0002020
スーパードライ中瓶、600円。中瓶で600円はちょっと高めですが、やっぱり瓶が落ち着く。


R0002037
中国ピザ、1,000円。見た目は韓国料理のチヂミみたいな感じなんですが、外はサクサクパリパリ、中は餃子の中身かと思いきやちょっと違ってネギがたくさん入っていて少しとろみがあります。下味がしっかり付いているのでこのままでいけちゃいます。ビールが合うなぁ。


R0002053
にら玉子炒め、1,000円。ヘタに半熟とかじゃなくてガッツリ炒めてるのがいい。これもこのままいけちゃうくらい味がしっかりと付いています。ただ1,000円はちょっと高く感じるかも。


R0002047
ジャスミンハイ、500円。メニューにはなかったけど、聞いたら作ってくれました。たぶん焼酎はジンロ、なかなか濃い目!


R0002057
牛すじ餃子、780円。せっかくだから餃子でシメようということで、ずっと気になっていた牛すじを。食べてみると「うん、牛すじだね!」という印象がダイレクトにあるだけで、別に餃子で食べなくても良いかなという感じ。笑


餃子は全部で26種類あって(以下全て5ヶ)、もちチーズ餃子(800円)、明太子餃子(900円)、しそイワシ餃子(900円)、トマト餃子(700円)、しいたけ餃子(680円)など、まだまだ気になる餃子がたくさんあります。一般的な中華メニューもあって、マーボー豆腐(1,000円)、豆苗炒め(850円)、あさりチャーハン(900円)、酸辣湯メン(1,200円)、ピータンと豆腐(840円)、砂肝(400円)など。

飲み物は、レモンサワー(500円)、ウーロンハイ(500円)、日本酒(1合500円)、紹興酒(大600ml、2,000円)など。


場所柄なんでしょうか、値段は少々高めですけどね、ある程度の人数で行くならば、いろいろな餃子を食べられるのですごく楽しめると思います。

あとやっぱり、この立地と建物が面白いです。歌舞伎町をずーっと越えて、ちょっとギラギラが落ち着いてきた頃に現れる黄色い看板。インパクトすごいです。暖かい時期は外で飲めるのがすごく楽しいです。

朝4時まで営業しているので、朝まで飲みたいときなんかは飲み屋として知っていると何かと使えると思います。


IMG_3694
ちなみにこのお店から徒歩30秒くらいのところに「新宿バッティングセンター」というバッセンがありまして、その後に来ることが多いです。これは1年間通い続けて、ようやくホームランパネルに当たってもらえたボールペン。(とてつもなく嬉しかった!)


餃子好きはもちろん、バッティングセンターで一汗かいてビール×餃子なんてのも是非!


【vol.189】餃子専科LEE 本店(新宿)

最寄り駅:東新宿駅、もしくは新宿駅
住  所:東京都新宿区歌舞伎町2-20-19

“東京都新宿区歌舞伎町2-20-19”


営業時間:17:00〜翌4:00
定休日 :日曜・祝日

ジャンル:中華料理|深夜営業
予  算:〜1,999円
どんな時:一人で|友人と

予  約:不明
電話番号:03-3202-6779


☟気に入ったお店は以下のボタンを押してシェアをお願いします!

関連記事