【vol.124】ばるぼら屋(新宿/居酒屋)

居酒屋|〜2,999円|深夜営業|一人で|友人と|宮|


ゴールデン街では珍しい料理がメインの居酒屋さん。牛スジカレーや鉄板料理など、メニューのバリエーションも幅広い。誰かの実家で飲んでいるような気分になれる2階席がオススメです。


ばるぼら屋
ゴールデン街内なので、新宿駅からは徒歩10分ほど。スナックみたいな看板が多いなか、この「ばるぼら屋」と書かれた赤提灯が目立ちます。


R0000595
1階のカウンターは11席、1〜2人で楽しむならカウンターが楽しいと思いますが、もし3人以上で入るなら是非この2階の席へ。2階の席は完全に独立していて、窓の外はゴールデン街にもかかわらず、誰かの実家で飲んでいるみたいな気分に。独特な雰囲気でありながら落ち着いて飲めるという、かなりオススメの席です。


ばるぼら屋
瓶ビールはないので、サッポロ黒ラベル中、550円。ガッツリとジョッキで飲むビールもやっぱりいいですね。


ばるぼら屋
お通し(300円)は白菜と小松菜の漬物。これをつまみながらメニューを決めるのが定番の流れ。


ばるぼら屋
煮込み、450円。醤油ベースのさっぱりした味、牛スジがほろっほろに煮込まれています。他の具はこんにゃくのみというシンプルさゆえに、牛の旨味がダイレクトに引き立って美味しい。


ばるぼら屋
豚玉、800円。居酒屋にもかかわらず、しっかり鉄板で焼かれているのが嬉しい。ふんわりとしつつもボリュームもしっかり。


ばるぼら屋
ホッピーセット、450円。焼酎はキンミヤを使用。ナカ(焼酎)は300円なんですが、ソトが150円というちょっと変わった価格設定。よ〜く考えるとソト1でナカ4〜5杯おかわりするする人もいるんだから、なるほどそっちの方が…なんて考えたり。笑


ばるぼら屋
豚ロースにんにく醤油、550円。シンプルですが、にんにく醤油という時点で間違いないでしょう。マヨを付けるのもジャンキーでいいです。笑


ばるぼら屋
牛スジカレー&パン、800円。これまた牛スジがとろっとろに煮込まれています。スパイシーでありながら辛すぎず、とてもいい塩梅。少し炙ったバゲットに乗せて食べると、これが絶品。居酒屋カレーのレベルを超えています。


ばるぼら屋
焼きビーフン、800円。やっぱり鉄板で焼かれているのがいいですね。豚肉がしっかり入っており、さっぱりとしつつも適度な塩気がお酒をすすめます。


ばるぼら屋
自家製コーヒー酎、450円。ロックで。さっぱり美味しいです。さらに水割りだとアイスコーヒーを飲んでるくらいゴクゴク飲めちゃうんで、ほんとに危険…!笑


ばるぼら屋
煮込み豆腐、450円。煮込みをアンコールしたい!ということで、せっかくなので豆腐の入ったものを。モツのダシが染み込んでまろやかな旨味。


他、トマト焼き(400円)、チーズオムレツ(500円)、豚キムチ(700円)、いかバター(650円)、どろソース焼きそば(850円)、煮込みぶっかけ飯(800円)、白子と春菊(850円、冬季限定)、ナシゴレン(1,000円)、モダン焼き(1,100円)など。

飲み物は、チューハイ(450円)、ウーロンハイ(450円)、バイスサワー(450円)、菊正宗(小400円、大700円)、トマト酎(450円)、デンキブラン(450円)など。お酒はそんなに安くないです。やっぱりホッピーがお得かなぁ。


正直、単価は安くないので1人で行くとちょっと高くつくかもしれませんが、何人かでシェアできるなら、それぞれのボリュームもしっかりあるし、いろいろ楽しめると思います。

やっぱり2階の畳部屋で4〜6人で飲むのが最高に楽しいです!窓の外はゴールデン街なんだけど、雰囲気は完全に実家ですからね。散々飲んでそのまま寝てしまいたい気分になります。笑


是非、2階席でまったりと!


【vol.124】ばるぼら屋(新宿/居酒屋)

最寄り駅:新宿駅、もしくは新宿三丁目駅
住  所:東京都新宿区歌舞伎町1-1-8 花園三番街(新宿ゴールデン街内)

“東京都新宿区歌舞伎町1-1-8”


営業時間:18:00~翌6:30
定休日 :日曜、祝日(臨時営業の場合あり)

ジャンル:居酒屋|深夜営業
予  算:〜2,999円
どんな時:一人で|友人と

予  約:可(2階のみ?)
電話番号:03-5285-8188


 

☟気に入ったお店は以下のボタンを押してシェアをお願いします!

関連記事