『出張虎茶屋@阿佐ヶ谷Roji』に行ってきました!

8月14日(木)、ずーっと気になっていた虎茶屋が阿佐ヶ谷Rojiに出張!ということで伺ってきました!

虎茶屋とは、武蔵野(三鷹)の民家で営業している看板のない食堂。以前、西荻窪の駅前で中華食堂「茶虎食堂」を3年ほど営業されていたそうなんですが、諸事情により閉店され、2011年に完全予約制の自宅料理屋「虎茶屋」をオープン。



R0000926
出張場所は阿佐ヶ谷にあるRoji。阿佐ヶ谷駅北口から徒歩2分ほど、バスロータリーから西側のスターロードという飲食街?に入って、割とすぐの右手にあります。実はRojiもなかなか機会がなくて行くのが初めて。なんとなくカウンター席だけなのかな?と思っていたんだけどテーブル席も3つあって、のんびりできる雰囲気でした。


この日は、チャージ1,000円(といってもしっかりとした前菜+水餃子付き)+ドリンク、それ以降は個別でアラカルトを注文という形。

R0000891
まずは飲み物、生ビール、500円。これはたぶんRojiのデフォルトだと思うのですが、サッポロ生です。冷えたグラスにちょうどいい泡、美味しかった。ちなみに、通常営業のときはチャージなしみたいなので、サッポロ生500円一杯で寄れちゃうのは嬉しいですね。


R0000892
前菜3品。左上から夏野菜のおひたし(つるむらさき、万願寺とうがらし、オクラ)、右上が3種の瓜、手前が焼きナスとキュウリの味噌だれ添え。引きの写真撮るの慣れてなくて上手く撮れなかったのが残念ですが(笑)、どれも夏野菜の旨みが引き立つ控えめな味付け、彩りも素晴らしいです。


R0000907
こちらもチャージに含まれる水餃子。一口噛んだ時点ですぐにわかるプリップリの海老の食感、そしてモチモチの皮とジューシーな肉汁。美味しいなぁ…!


R0000902
とまとと卵の炒め、600円。アツアツの出来たてだったので、湯気が…(笑)たまごの加減といい、繊細な味付けといい、とても丁寧に作ってくれているな、と。たまにアクセントになるセロリも良かったです。


R0000909
虎茶屋メニューのドリンク、福建ハイ、500円。ウーロン茶+ジャスミン茶+焼酎という、なんとも考えたことのなかった組み合わせ。香りはジャスミンの爽快感のある香りが強いんだけど、味はウーロン茶のしっかりした味わいの方が前に出ている、という感じで面白かった。


R0000915
麻婆豆腐、大900円。四川の麻婆豆腐に近い味付け、山椒の香りがすごくいいです。そしてパクチーも嬉しい。お酒もいいけど、やはりお米も是非欲しいということで、白米を少しいただきました。う〜ん、美味しい!これは虎茶屋マストメニューではないでしょうか。


R0000919
ハートランド、600円(だったかな?)。麻婆豆腐の余韻を味わうために。


R0000923
杏仁豆腐、300円。濃厚ですがツルンとした食感がよく、サラリと食べられる杏仁豆腐。最近では杏仁豆腐でビールを飲むことに何の抵抗も感じなくなってしまったなぁ…笑


これらの丁寧で繊細な料理が1品ずつ畳の部屋に運ばれてくる…これは虎茶屋行かねばなりませんね、ちゃんと!季節ごとの素材もすごく楽しみだと思いました。(※虎茶屋は完全予約制なので詳しくは虎茶屋のしおりをご覧ください)



R0001010
どうやら8/31(日)〜9/6(土)の期間、三鷹の長男堂(武蔵野市中町3-18-11)というカフェ?お弁当屋?で一週間店長をやられるそうなので、気になる方は一度そちらに行ってみるのもいいかもしれません!

ちなみに虎茶屋の店主、倉林哲也さんはホライズン山下宅配便という、仲良くしてもらってるバンド(しかもメンバーそれぞれ個々人で仲がいいという。笑)のドラマーでもありまして、カッコイイかつ面白いので是非チェックしてみてください。近々僕の所属しているバンドcore of bellsとツーマンやりたいと思ってます。


Rojiにもまたゆっくり伺いたいと思います!サッポロ生!

————————————————————————————————————————
虎茶屋(三鷹)

最寄駅:三鷹駅
住 所:東京都武蔵野市吉祥寺北町4-5-10

“東京都武蔵野市吉祥寺北町4-5-10”

——————————————————————————————————————————

————————————————————————————————————————
Roji(阿佐ヶ谷)

最寄駅:阿佐ヶ谷駅
住 所:東京都杉並区阿佐ヶ谷2-13-4 2F
“東京都杉並区阿佐ヶ谷2-13-4”

——————————————————————————————————————————

☟気に入ったお店は以下のボタンを押してシェアをお願いします!
Posted in ○メディア・イベント・取材, ☆blogComments Closed 

関連記事