【vol.119】たぬきや(稲田堤/居酒屋)

居酒屋|〜1,999円|昼飲み|一人で|友人と|デート|


目の前が多摩川、しかも川沿いではなく河川敷内にあるため正確な住所が不明という、知る人ぞ知るお店。なかなか行く機会がないであろう稲田堤に、このためだけに行く価値十分アリの河川敷飲み屋です。


R0021705
JR南武線の稲田堤駅から徒歩8分ほど、駅を降りたらとにかく多摩川の方へまっすぐ歩きます。どうかんがえても飲食店がある雰囲気ではなくなってきますが心配せず直進してください、このバス停に着いたらもう目の前にある階段を上るだけです。


R0021711
階段を上ると目の前は多摩川。そして川の土手に降りて右をみるとプレハブ小屋のような建物があります。「営業中」というのぼりがなければ飲み屋であることを見逃してしまいそう…笑


R0021713
「営業中」以外にも「遊漁券販売所」というのぼりも立っているのがなんとも。


R0021731
店内はこんな感じでテーブルや座敷があり、好きなところに座れます。


R0021734
この日ははすごく暑かったので川に一番近い座敷に座りましたが、屋外にもテーブルがいくつかあって、めちゃいい感じです。それにしても、なんという開放感…!最高です。


R0021725
さてと、まずはキリン大瓶、550円。本当は生ビールが飲みたかったんですが、まだビール樽が酒屋さんから届いていないということで、生ビールはあおずけ。


R0021729
牛もつ煮込み、450円。やはりここに来たらコレ。モツと大根のシンプルな煮込みですが、それこそ野外で温かい煮込みを食べてるのとほとんど変わらないですからね!格別に美味しく感じられます。


R0021722
レモンサワー、350円。正直、飲み物などを冷やす設備もそれほど完璧に整っているわけではないので、キンキンに冷えたサワーではないですが、氷をカランカランと溶かしながら、飲み切るくらいのときにちょうど氷もなくなる感じもこれまた良くて。


R0021739
ちなみに、レモン、青リンゴ、梅のサワーはハイサワーが割りものです。棚にずらーっと並んでいたので撮らせてもらいました。


R0021751
焼きそば、400円。これまたシンプルで、おそらく具はキャベツしか入ってなかったと思うんですが、なぜだかすっごく美味しい!お祭りの屋台の焼きそばがなぜか美味しいのと同じ感じ。あの大きい鉄板で作ってるからなんでしょうか?そして家で作っても全然美味しくできないのはどうしてなんでしょうか?笑


R0021741
あとは飲むばかり!チューハイ、350円。


R0021754
ここで、生ビール樽が到着!生ビール、500円。完全に河川敷ビアガーデン。


R0021758
梅サワー、350円。扇風機は回ってますが、まぁ暑いのでゴクゴクいっちゃいます。それにしてもなんという心地のよさ…!


R0021771
トマトサワー、350円。これはこれは、ずいぶん外が暗くなってきました。対岸の東京都の光が。


他、冷奴(350円)、枝豆(350円)、お新香(400円)、おでん(5つ450円)、焼き鳥盛り合わせ(5本500円)、カレーライス(500円)、カップラーメン(250円)、冬季限定で、とりなべ(600円)、湯豆腐(500円)など。

飲み物は、緑茶割り(350円)、ウーロンハイ(350円)、カルピスハイ(350円)、青リンゴサワー(350円)、ホッピーセット(400円、なか不明)など。


注文は自分で厨房の前に行ってお願いします。混んでいるときなんかは、料理や飲み物ができたら自分で厨房まで取りに行ったり、そんなことをみんなが自然とやっているアットホームな飲み屋です。

河川敷にあるので正確な住所は不明です。あと、営業日も不定休で電話もないので行ってみるしかない!という、稲田堤まで行ってみて休みだったらどうしよう…という不安と共に行くのもスリリングで楽しいです。(実際僕自身、このために稲田堤で降りて休みだったことがありました…笑)どうやら水曜日が休みのことが多いらしいので参考までに。


R0021746
昼間もいいですが、日が沈んでくるとこんな感じで、これまた良くて。ちょっと離れたところでキャッチボールをした後に来たりしても最高ですね、きっと。


他ではできない最高の河川敷飲み、是非体験してみてください!

————————————————————————————————————————
【vol.119】たぬきや(稲田堤)

最寄駅:稲田堤駅
住 所:神奈川県川崎市多摩区稲田堤の河川敷


——————————————————————————————————————————

☟気に入ったお店は以下のボタンを押してシェアをお願いします!

関連記事