【特集No.2】デートに使える!お洒落でリーズナブルな東京の立ち飲み屋5選

スタンドバー マル

「立ち飲み屋」と聞くと、みなさんはどんなお店をイメージするでしょうか?



お酒はコップ酒で料理もほとんどが乾きもの…あまり清潔とは言えない古びたカウンターで…お客さんのほとんどが常連さん…。そんな、ちょっと“おやじ臭い”イメージを想像するかもしれません。

もちろんそういったお店もたくさんの魅力があるのですが、今回はそういったイメージをガラッと変えてしまうような、そしてデートで行きたくなるような素敵な立ち飲み屋を5店ピックアップしてご紹介いたします。


正直なところ“立ち飲み”ではあるので、1つのお店をメインにデートするにはちょっと向いていないかとは思いますが、例えば映画やコンサートを観に行くときや、仕事の終わりがどうしても遅くなってしまったときなど、ゆっくり食事の時間は取れないけれど美味しいものを食べたい!というときに最適なお店です。

気軽に立ちながら飲むと会話の内容も普段とは変わったりするもの。是非、立ち飲みデートを楽しんでみてください!


しまだ(銀座)


しまだ
本格的な割烹料理を手頃な値段で食べられる立ち飲み屋さん。いわゆる普通の居酒屋にはない高級なメニュー が数多く揃っています。割烹料理にも関わらず料理が出てくるのが早いというのも、立ち飲み屋ならではの魅力です。


しまだ
宮崎黒毛和牛のビーフカツ(1,600円)、見ての通り最高のレア感!お肉は非常に柔らかくてジューシー、衣は薄くてカリッとした絶妙な食感です。美味しいサッポロ黒ラベルの樽生(600円)が飲めるので、それと合わせるのもオススメ!


R0006497
サバ寿司(2貫800円)、もうこのツヤを見るだけで嬉しくなっちゃいますね!肉厚で脂がしっかり乗っているサバなので、若干強めの〆具合がちょうどいい。お米がぎゅーっと詰まっているので、なかなかボリュームもあります。日本酒との相性も良かったです。


しまだのもっと詳しい情報はコチラ→【vol.156】しまだ(銀座)


スタンドバー・マル(八丁堀)


スタンドバー マル
築地から仕入れる新鮮な食材を使ったメニューが魅力的な、スタイリッシュな雰囲気のスタンドバー。江戸時代から続くという隣の酒屋さんで買ったワインや日本酒を格安で持ち込める、酒屋併設ならではのシステムも素晴らしいです。


スタンドバー マル
この日のオススメだった生タコのカルパッチョ(580円)、新鮮で厚みのあるプリッとしたタコ。茹でていないので元々の塩気がとても美味しいです。東京ホワイト(600円)という爽やかな香りが美味しいホワイトエールと一緒にいただきました。


スタンドバー マル
刺身5点盛合せ(780円)、築地より仕入れた、本まぐろ、〆サバ、ホッキ貝、真鯛、生タコと いう、なんともバランスのいい5品!お刺身などは豊富に揃っている地酒(300円~)と合わせたいところ。このように和洋折衷の幅広いメニューがあることもこのお店の魅力の一つなんです。


スタンドバー・マルのもっと詳しい情報はコチラ→【vol.157】スタンドバー・マル(八丁堀)


プロヴァンサル(新宿)


プロヴァンサル
フランスでの修行経験があるシェフが調理をする立ち飲みフレンチ。南仏産を中心にワインの種類も豊富。料理は本格的でありながら、肩を張らず気軽に立ち寄れる貴重なお店です。


プロヴァンサル
地鶏の白レバームース(800円)、濃厚でワインのアテとして最高です!薄めのフランスパンが数枚添えてありシェアしやすいのも嬉しいですね。この日は赤ワインのジョセ フ・ロッシュ シラーのボトル(3,500円)と合わせてみました。


プロヴァンサル
おすすめ鮮魚のカルパッチョ(600円)、この日の鮮魚は真鯛。彩りもいいし、ピンクペッパーなどのアクセントもしっかり気遣ってくれているのもこのお店の魅力の一つ。赤・白ワインのグラスが390円から飲めるので、あまりゆっくりできないときでも気軽に入りやすいですね。


プロヴァンサルのもっと詳しい情報はコチラ→【vol.155】プロヴァンサル(新宿)


カド(神楽坂)


R0006923
古い日本家屋を改装した、神楽坂らしい落ち着いた雰囲気を楽しめる立ち飲み屋さん。こだわりの日本酒とそれに合うおつまみが揃っています。土間のスペースをそのままお店にしていて、他では味わうことのできない魅力があります。


R0007022
串カツ(2本300円)、衣がサックサクに揚がってて非常にいい食感!玉ねぎなど一切入っていない純豚肉の串カツなのでとってもジューシーです。是非とも美味しいキリン一番搾り(400円)とご一緒に。


R0007006
秋冬限定のおでん(各種100円)、味噌ベースの濃厚な味付けです。ここで欲しくなるのが、お燗酒!この日は賀茂金秀の季節限定酒「やっぱりお燗」(600円)と合わせてみました。神楽坂でゆっくりと日本酒を楽しむ時間…なんとも味わい深いので是非お近くに寄る際には。


カドのもっと詳しい情報はコチラ→【vol.158】カド(神楽坂)


富士屋本店ワインバー(渋谷)


富士屋本店ワインバー
世界各国の本格的なワインがリーズナブルに楽しめるスタ ンディングバー。ワインに合った美味しい料理も豊富に揃っています。スタイリッシュでありながらフラッと1杯気軽に入りやすい雰囲気が魅力のお店です。


R0007893
カプレーゼ(650円)、ジューシーで甘みがある、それだけでも美味しいトマトがふんだんに使われているのが嬉しい!モッツァレラもワインによく合います。ワインはグラスの場合400円から飲めちゃうので、自分に合ったものも探しやすいですね。


富士屋本店ワインバー
スペイン産生ハム(500円)、これだけでワイン1本開けられてしまうんでは?というくらいのボリュームです。この日はスパークリングワインのモートン・エステート シャルドネ(600円)と一緒に。1品ごとのボリュームがあるので、2人で来るといろいろなメニューを楽しめるかも!


富士屋本店ワインバーのもっと詳しい情報はコチラ→【vol.159】富士屋本店ワインバー(渋谷)


☟気に入ったお店は以下のボタンを押してシェアをお願いします!
Posted in ●立ち飲み, ●バル・ワインバー, ○特集, ☆blogComments Closed 

関連記事