【vol.168】神田まつや(神田/そば)

蕎麦|〜2,999円|昼飲み|一人で|友人と|★|


蕎麦で飲む…と言ったらココでしょう、というくらい東京を代表する老舗蕎麦屋さん。江戸前の手打ち蕎麦はもちろん、日本酒に合うおつまみも美味しい。歴史を感じる店内の雰囲気は格別です。


R0007233
神田駅から徒歩5分ほど、他にも淡路町駅、小川町駅、新御茶ノ水駅などからも近いです。靖国通りから少し入ったところにあります。歴史を感じる店構えですね。店内はテーブルがたくさんあって定員は約60名。奥で蕎麦を打っている様子も見ることができます。


R0007183
サッポロ赤星大瓶、700円。


R0007187
お通しのそば味噌。無料なのかな?なんともいい香ばしさ、アテとして最高です。そばの実のプチプチした食感もいい。やっぱり日本酒だなぁ…!


R0007193
ゆばわさび、650円。いやー、もう見た目からして間違いないですね、厚みがあって香りもいいゆば。まるで魚のお刺身を食べているような食べごたえです。おろしたてのわさびの風味もこれまた素晴らしい。


R0007217
御酒、700円。お燗で。銘柄は菊正宗特撰の1種類のみ、キリっと辛口でどんな料理にも合います。おちょこがすんごい小さくて、なんだか何杯も飲んでいるような感覚になるんですが、それがすごい好き。


R0007202
そばがき、1,050円。フワフワでモチモチって感じなんですが、やっぱりちょっと他の食べ物では体験できない何とも言えぬ食感。これがすごく美味しい。つけ汁に漬けて、薬味はネギとわさびと大根おろし。日本酒がめちゃくちゃ合います、最高です。


R0007209
茶わんむし、1,150円。少し大きめの器、蓋を開くとゆずと三つ葉の香りがフワっと広がります。椎茸や海老、鶏肉、銀杏など具がたくさん入っていて一口一口違う味わい。味はしっかりしながらも上品なダシ。次回は一人占めで食べたいなぁ…笑


R0007198
御新香、300円。素朴ですが間違いないやつです。


R0007223
ざるそば、800円。僕の場合は〆としての蕎麦。少し細めで喉ごしがとてもいい。ちょうど秋だったこともあり新蕎麦だったのかな、蕎麦の香りが広がります。つけ汁は鰹節がしっかり利いていて濃いめ。ツルッと一瞬でいただいちゃいました。


他、お酒のアテとしては、にしん棒煮(800円)、焼鳥(800円)、わさびかまぼこ(650円)、わさびいも(650円)、親子煮(1,100円)など。そばはもちろん多数揃っていて、もりorかけ(650円)、大もり(800円)、カレー南蛮(1,000円)、にしんそば(1,050円)、鴨せいろう(1,650円)、天もり(2,000円)、丼ものは天丼(2,500円)、親子丼(1,300円)、かき揚天丼(1,100円)など。

飲み物は、お酒としては他にウィスキー(小1,700円、ミニ650円)のみ。渋いですねぇ。ちなみに瓶ビールはキリンラガーもアサヒスーパードライもあります。


正直、安いとは思えませんが、この雰囲気含めて味わえることを考えれば決して高いとは思いません。店内はいつも賑わっていて、昼から(11時から営業)飲んでいる年配のお客さんがたくさんいるのがすっごく楽しいので、是非現場で体験してほしいです。あと、1〜2人で行くと、ほぼ間違いなく相席になるのもいいです。

僕としては、昼間から飲んで陽が傾いてくるのを窓の光から感じるのが最高の飲み方かなぁ…。おつまみがなくても、その状況だけで飲めちゃう。笑


昔ながらの老舗の雰囲気で、是非お蕎麦と日本酒を!


【vol.168】神田まつや(神田)

最寄り駅:神田駅、淡路町駅、小川町駅
住  所:東京都千代田区神田須田町1-13

“東京都千代田区神田須田町1-13”


営業時間:11:00~20:00(月〜金)
     11:00~19:00(土・祝)
定休日 :日曜

ジャンル:蕎麦|昼飲み
予  算:〜2,999円
どんな時:一人で|友人と

予  約:不可
電話番号:03-3251-1556


☟気に入ったお店は以下のボタンを押してシェアをお願いします!

関連記事