【vol.67】お加代(横浜/やきとり)

やきとり|〜2,999円|一人で|友人と|


横浜駅前の非常に人通りの多い通りにありながら、おっ!っと目を引く、思わずフラッと入りたくなってしまう暖簾のお店があります。創業昭和二十七年の老舗やきとり屋さんです。


R0016578
横浜駅西口を出て味珍のある「狸小路」を通りすぎ、橋を渡る手前の十字路の左手にあります。1階はカウンターのみ10席ほど、2階にはテーブル席があります。


R0016584
まずはサッポロ黒ラベル大瓶、620円。


R0016591
まず気になったスパイシーラム焼、1本150円。焼いている時点で相当スパイシーな香りが…。昔旅行で行ったシリアやヨルダンで食べたあの味&匂い、でも中東はお酒NG(もう本当に残念だった…笑)なので、今ここで初のビールとの組合せを楽しめてる!って感覚が嬉しかった。というか、純粋にとても美味い串。


R0016598
ぶたなんこつ、1本150円。タレでいただきました。軟骨のコリコリ食感がいいです。


R0016602
緑茶割り、300円。甲類焼酎で割るのではなく、芋焼酎かそば焼酎を選びます。いもは島美人、そばは雲海。そばにしました。甲類に比べるとやはり少しクセがありますが、これはこれで美味しい。


R0016604
ぴー鳥、1本150円。塩で。ぴーとりのピーはピーマンのこと。カウンターで少し離れたお客さんが頼んでいるのを見て、あれはなんですか?と思わず注文。しそとピーマンと鶏の組合せ、これが驚くほどの絶品。おすすめです。


R0016613
お湯割り、300円。芋、島美人で。


R0016611
〆にお新香、200円。醤油と塩が少しふりかけられています。少ししょっぱい感じがしますが、つまみとしては最適。


ちなみに串は最低2本からの注文になります。ねぎ肉、手羽先焼、ポテトベーコン焼、つくね、特製鳥皮、れば、かしら、ししとう、エリンギなど、各1本150円。どうやら、あげまき(1本150円、油揚げの中にササミが入っていてわさびがのっている)や、にしんのかば焼(1本150円)なども人気メニューのよう。他、季節によって変わってくるようですが、ぎんなん串(200円)、松前漬(300円)、そら豆(350円)、牛もつ煮込み(300円)など。

飲み物は、生ビール(520円、サッポロ)、清酒(320円)、ポッピー外(200円)、なか(300円)など。なかが300円は高い気がしますが、焼酎の量が多いようです。いわゆる酎ハイはなく、でもレモンを入っている人を見かけますが、それは角ハイボール(400円)だそうです。

是非他の串も食べてみたいと思える焼き鳥屋さんでした。次はねぎ肉とか手羽先とか、鳥メニューをたくさん攻めてみたい。2本からの注文なので2人で行くといろいろ楽しめるかも。

————————————————————————————————————————
【vol.67】お加代(横浜)

最寄駅:横浜駅
住 所:神奈川県横浜市西区北幸1-1-2

“神奈川県横浜市西区北幸1-1-2”

——————————————————————————————————————————

☟気に入ったお店は以下のボタンを押してシェアをお願いします!

関連記事