【vol.60】福田フライ(野毛/立ち飲み)

立ち飲み|串かつ・串揚げ|〜1,999円|一人で|友人と|


野毛の代表的な立ち飲み屋、福田フライ。通称FF(エフエフ)。


R0016234
久しぶりだったんですが、こんなにシンプルな店構えだったかな?と思って店内に入ってみると揚げ場が奥に移動していました。お店の道路側にあった揚げ場はなくなってしまっていて、名物の女将さんの姿ももうありませんでした。(もう引退されてしまったのかな?)


R0016236
ちなみに店名の福田フライの表記はどこにもありません(おそらく…)。でも若大将のかぶっている帽子にはさりげなく“FF”の文字が刺繍されていました!(さすがに写真には撮れませんでしたが…)


R0016241
生ビール、アサヒ、450円。ジョッキではなく酎ハイグラスに。ちょっと高めでしょうか。


R0016253
アジフライ(100円)と串かつ(150円)を。両方辛いソースで。やっぱりニンニクが半端じゃない!ビールのすすみ方として最もジャンキーな感じですね。


R0016257
酎ハイ、400円。


R0016262
揚げもつ、350円。昔は白もつ炒めだったものが、このメニューに変わったようです。これも辛いソースで。すすむすすむ…


串類は、レバー(150円)、わかさぎ(150円)、たまご(150円)、かき(150円)、玉ねぎ(100円)、ポテト(100円)など。他、なす漬け(200円)、ツナサラダ(250円)、揚げチート(350円)など。あと、実は魚も充実していて、ボイルホタルイカ(350円)、鯛刺し(500円)、のど黒(850円)なども。

飲み物は、ビール大瓶(600円、アサヒ、キリン)、緑茶割り(400円)、お酒(400円)、焼酎水割り(300円)など。


ちょっと補足として、辛いソースについて。FFでは揚げ物に付けるソースを2種類(辛いのか普通のか)選べます。注文時にどちらにするか聞かれます。関西の串揚げとは違って、ソースは事前に付けられた状態で出てきます。

普通のはいわゆるウスターソースなんですが、辛いのはニンニクや辛子が半端じゃなく効いたソースです。ニンニクの辛さで辛いって、思っているより強烈なのでご注意を。その後に大事なデートがあるときや、翌日仕事で商談がある、なんてときにはやめておいた方が無難です…!翌日まで確実にニンニク臭が残ります…笑

といっても、特に問題がなければ是非体験いただきたい味!


帰り際、お店を出たところで偶然女将さんとすれ違い、「ごちそうさまでした!」「ありがとうございました!」との会話を交わせて嬉しかった。

野毛による際には外せないお店です。

————————————————————————————————————————
【vol.60】福田フライ(野毛)

最寄駅:桜木町駅
住 所:神奈川県横浜市中区野毛町2-71

“神奈川県横浜市中区野毛町2-71”

——————————————————————————————————————————

☟気に入ったお店は以下のボタンを押してシェアをお願いします!

関連記事