【vol.192】栄屋(日ノ出町/居酒屋)

居酒屋|魚介|〜2,999円|一人で|友人と|


お刺身などの魚介が充実した老舗大衆酒場。名物のあなご天は体験必須の1品。昭和23年創業の店構え、じっくりお酒と料理を楽しめる店内の雰囲気も素晴らしい名店です。


R0008452
日ノ出町駅から徒歩3分ほど、改札を出て目の前の横断歩道を直進、そのまま長者橋を渡りきり、2つ目の信号(長者町9丁目)を右折。すぐの右手にあります。店内はテーブルが6つあって定員は約20名。この日は暖簾が出ていませんでしたが、扉を開けて聞いてみると1時間くらいなら大丈夫ということで「お願いします!」と入店。


R0008432
キリンラガー大瓶、640円。やっぱり横浜はキリンラガーですかね、なんとなく。


R0008429
お通しのブリ(?)の角煮、サービス。やろうと思えばこれだけで日本酒1合いけちゃいそうなお通し、しかもサービスだなんてホント嬉しい。


R0008434
ブリ刺、800円。黒板メニューの1番右上端に書いてあったので、これは間違いないだろうと注文。分厚くて色ツヤも素晴らしく、脂も乗っておりボリュームもしっかりなブリ刺。さすが旬のお刺身ですね、最高です。


R0008441
名物のあなご天、630円。ホックホクでブリッブリの食感に、穴子のジューシーな脂と天つゆのコンボ、猛烈に美味しいです!涙が出るかと思いました。活きた穴子をさばいて、すぐに揚げているみたい。そうでないとこの味と食感は出せないんでしょうね。ココに来たら体験必須メニューです!


R0008436
2級酒、1合360円。お燗で。銘柄は姫路の八重垣(ヤヱガキ)。やっぱお刺身や天ぷらには日本酒が合うなぁ。この後もう2合飲んじゃいました。


R0008446
シメサバ、700円。〆具合が絶妙、さすが老舗の安定感という感じの間違いない1品です。女将さんが気を遣って醤油皿を変えてくれた(ブリ刺はわさび、シメサバは生姜なので)のも嬉しかった。


他、赤貝(600円)、たこぶつ(650円)、平目刺(700円)、シャコ(700円)、殻付カキ(3コ900円)、いか納豆(500円)、ポテトサラダ(400円)、やさい天(450円)、明太子(550円)、ホタテバター(750円)など。

飲み物は、純米酒(570円、東龍)、にごり酒(510円)、ウイスキー(400円)など、焼酎はボトルでの注文のみで宝山(2,700円)など。


その日オススメの黒板メニュー、特にお刺身系はどれをみても魅力的なものばかりです。あなご天は定番として、あとは季節ごとの旬の魚介を直感でチョイスするのがいいと思います。どれも間違いないでしょうから!

それぞれ1品ごとのボリュームがあるので2〜4人くらいで行ければちょうどいいんですが、そうすると入れないことが多いという、人気店によくある悩みもあったり。


超人気店なので入れないことも多いですが、お近くに来た際には是非寄ってみてください!


【vol.192】栄屋(野毛)

最寄り駅:日ノ出町駅
住  所:神奈川県横浜市中区長者町9-175

“神奈川県横浜市中区長者町9-175”


営業時間:17:00~23:00
定休日 :日曜・祝日
    (7〜8月は月曜も定休)

ジャンル:居酒屋|魚介
予  算:〜2,999円
どんな時:一人で|友人と

予  約:不可
電話番号:045-251-3993


☟気に入ったお店は以下のボタンを押してシェアをお願いします!

関連記事