【vol.238】カヤシマ(吉祥寺/洋食)

洋食|居酒屋|〜2,999円|昼飲み|一人で|友人と|宴会・打上げ|


洋食メニューで飲めるお酒も充実した喫茶店兼居酒屋さん。料理はどれも美味しく、飽きのこない安定した味は日常使いに最適。独特な雰囲気でありながらも、ゆったりくつろげる人気のお店です。


カヤシマ
吉祥寺駅北口から徒歩5分ほど、吉祥寺通り沿いにあります。どんな料理が出てくるのかちょっとわかりにくい、ちょっとごちゃっとした入口がいい感じです。


カヤシマ
店内は全席ソファー席で定員は50名ほど。お酒もしっかり飲めるお店としてはちょっと変わった雰囲気。


カヤシマ
サッポロ黒ラベル中瓶、520円。


カヤシマ
しめさば、520円。肉厚なサバの半身なのでかなりボリューミーです。結構〆は強いものの脂がしっかり乗っているサバだったので、ちょうどいい具合に。


カヤシマ
ハムカツ、490円。カリッと揚がった衣と肉厚でジューシーなハムのコンボがとてもいいです。からしは定番ですが、レモンでさっぱりというのもなかなかいい感じ。


カヤシマ
ジンジャーハイボール、490円。ウィルキンソンのジンジャエールにレモンを乗せたもの。僕の好みからするとちょっと甘すぎかなぁ。


カヤシマ
ナポリタン+ハンバーグセット、980円。昔ながらのケチャップベースで、ベーコン、ピーマン、玉ねぎが入ったザ・ナポリタン!という感じのシンプルなナポ。ボリュームもしっかりです。正直、とてつもなく美味しいわけではないですが、飽きのこない素朴な美味しさ。とても素晴らしいと思います。


カヤシマ
これはセットのハンバーグ。小ぶりではありますが、肉がしっかり詰まった手作りのバーグです。ナポリタン単品は880円なので実質100円と考えると大満足。


カヤシマ
オムライス+ポークジンジャーセット、980円。こちらも見た目からして間違いないですね(笑)ケチャップベースにチキン味のライス、ちょっと半熟具合のたまご。ナポリタンとオムライスを頼んでみて、やはりここは喫茶店なんだな、という気がしてきます。


カヤシマ
これはセットのポークジンジャー(生姜焼き)。少々濃いめの味付けで、お酒のつまみとしてもちょうどいいボリューム。


カヤシマ
ちなみにセットには味噌汁が付くのも嬉しい。


カヤシマ
自家製ハンバーグ弁当、970円。弁当ではありますが店舗内でも食べられます。立派な弁当ですね。毎日日替りの「日替り弁当」もあるよう。


他、鳥皮ポン酢(290円)、マカロニサラダ(390円)、自家製もつ煮(490円)、自家製焼餃子(490円)、ほうれん草とベーコン炒め(550円)、若鶏の唐揚(550円)など。食事メニューは、カレーライス(880円)、オムカレー(980円)など。

飲み物は、サッポロ生ビール(中490円、大きめ520円)、ホッピーセット(470円)、なか(270円)、トリスハイボール(280円)、サワー系(各490円)など。実は焼酎がとても充実していて、伊佐美(580円、芋)、三岳(470円、芋)、寿福絹子(470円、麦)、朝日(470円、黒糖)など、いろいろ楽しめます。日本酒も、司牡丹(500円、高知県)や立山(500円、富山県)など。


喫茶店の洋食メニューで飲むのが好きな人にはたまらないお店です!正直これといって突き抜けた料理はないですが、素朴で日常的に行きたくなるお店という意味では理想に近いものがあります。お腹が空いているときに、がっつりご飯を食べつつもちょっと一杯飲めますからね。

奥のテーブルでは子供連れの大家族などが食事しており、いわゆる“飲み屋”の範疇に収まらない雰囲気も魅力の一つでしょう。何気に吉祥寺の貴重な昼飲みスポットとしても使えちゃいます。


喫茶店のナポリタンとビール、是非お試しください!


【vol.238】カヤシマ(吉祥寺/洋食)

最寄り駅:吉祥寺駅
住  所:東京都武蔵野市吉祥寺本町1-10-9

“東京都武蔵野市吉祥寺本町1-10-9”


営業時間:11:00~24:00
定休日 :無休

ジャンル:洋食|居酒屋|昼飲み
予  算:〜2,999円
どんな時:一人で|友人と|宴会・打上げ

予  約:可
電話番号:0422-21-6461


 

☟気に入ったお店は以下のボタンを押してシェアをお願いします!
Posted in ◆吉祥寺, ◇東京23区外, ●洋食, ★gallery, ☆blogComments Closed 

関連記事