【vol.197】三浦亭(武蔵関/洋食)

洋食|ハンバーグ|〜1,999円|一人で|友人と|デート|


リーズナブルながら本格的な洋食が食べられる街の洋食屋さん。絶品オムライスは体験していただきたい1品。素朴で気軽に入れる、家の近くにあってほしいお店です。


R0009271
武蔵関駅南口から徒歩5分ほど、南口を出て右側(西側)にある駅前通り商店街を直進。300mほど進んだ左手、ちょうど商店街の切れ目にあります。店内はカウンター6席のみ。


R0009278
サッポロ黒ラベル中瓶、600円。嬉しいです、サッポロ。


R0009280
グリエールチーズハンバーグ、1,000円。最初フライパンで表面を焼き、その後オーブンでじっくり中まで火を通します。チーズはクリーミーでコクがあるスイス産のグリエールチーズ。コロッとした可愛らしい見た目ですが…


R0009288
ナイフを入れるとじゅわ〜っと溢れる肉汁!ギュッとお肉の旨味が詰まったハンバーグと、コクのある濃厚なデミグラスソースのコンボが美味しすぎます!鼻を通るナツメグのアクセントも素晴らしい。思わず笑みがこぼれちゃう…!


R0009291
牛ヒレ肉のカツレツ、1,530円。外はカリッとした衣、お肉は程よい火の通し加減で、柔らかいながらもしっかりと食べごたえのあるヒレ肉。ソースも美味しいなぁ…!


R0009301
グラスワイン赤、450円。デミグラスソースによく合うし、この後のオムライスにも備えて。


R0009295
オムライス、900円。うわ〜!と声をあげてしまうほどの美しいオムライス!表面の卵はしっかり焼かれていますが、内側はふわっと柔らかさを残した焼き加減。ライスはトマトソースがよ〜く絡んでおり、ジュグッとジューシーででちょっとリゾットっぽい食感。そして、やはり決め手はコクのあるデミグラスソース。そう、これぞ食べたかったオムライス!


R0009302
クリームブリュレ、480円。出してくれる少し前にバーナーで炙ってくれます。表面はパリッとカラメル、中のカスタードは濃厚で程よい甘さ。正直これでワインをグイグイいけちゃうな〜。


R0009312
季節のフルーツタルト、400円。この日はあんずでした。甘酸っぱいあんずとクリームのバランスが絶妙です。サクッとしたタルト生地もいい。


R0009304
コーヒー、400円。スイーツには、ワインじゃなくてコーヒーでももちろん相性抜群です。


他、メンチカツ(1,000円)、チキンのクリーム煮(1,000円)、ビーフシチュー(1,250円)、ナポリタンスパゲッティー(950円)、チキンカレー(900円)、ライス(200円)など。本日のオススメには、カキと野菜のグラタン(900円)、牛ヒレ肉とキノコのパイ包み焼き(1,600円)、真鯛のソテー野菜のソース(1,250円)など、これまた魅力的なラインナップ。

飲み物は、ハイネケン(500円)、ボトルワイン(3,000円〜)、ソフトドリンク各種(400円)など。


お客さんから厨房がまるまる見えるんですが、どの食器もピカピカだし、マスターの手際の良さは惚れ惚れするし、料理が出てくるまでもすごく楽しかったです。店構えなどは素朴ですが、“街の洋食屋さん”として非常に理想的に思えました。

マスターは寡黙な方かと思いきや、とってもフレンドリーな方で、いろいろ楽しく会話させていただきました。どうしてもお客さんの入りは読めなくて、申し訳ないながら帰っていただく方もいるので、来る際は一本電話を入れてくれると嬉しいとのこと。


なっかなか用事のある駅ではないと思いますが、美味しい洋食が食べたいときには是非足を運んでみてください!次はナポリタンが食べたいなぁ〜!


【vol.197】三浦亭(武蔵関)

最寄り駅:武蔵関駅
住  所:東京都練馬区関町北2-33-8

“東京都練馬区関町北2-33-8”


営業時間:11:30~14:00
     17:30~21:00
定休日 :月曜・火曜・臨時

ジャンル:洋食|ハンバーグ
予  算:〜1,999円
どんな時:一人で|友人と|デート

予  約:可
電話番号:03-3929-1919


☟気に入ったお店は以下のボタンを押してシェアをお願いします!

関連記事