【vol.214】福わらい(経堂/居酒屋)

居酒屋|魚介|〜3,999円|一人で|友人と|


とても丁寧でこだわりを感じられる料理を楽しめる居酒屋さん。種類が豊富なお刺身や、おすすめの地酒も揃う。まるで家のようにくつろげる落ち着いた雰囲気も魅力のお店です。


R0014907
経堂駅から徒歩5分ほど、農大通り商店街を直進し左側2本目の路地を左折、少し進んだ右手にあります。店内はL字のカウンター7席と4人掛けテーブルが1つ。


福わらい
ハートランド生、500円。グラスで飲むビールはハートランドが一番好きです。


福わらい
お通し、500円。大きくてプリッとしたほたるいかと、歯応えが絶妙な刺身こんにゃく。味噌を付けていただくんですが、味噌だけでも十分におつまみになる美味しさ。


福わらい
なんともう1品付いていて、小エビが入って香ばしいおひたし。嬉しいですねぇ。


福わらい
刺身盛り合わせ1人前、1,000円。この日は金目鯛、関あじ、いさき、さより、平貝、タコの6種類でした。金目鯛がとっても甘くてまろやかで柔らかい!いさきの歯ごたえも非常に良く、関あじのみネギ入りの醤油というこだわりも嬉しいところ。


福わらい
平貝のコリコリした食感がたまらなかった!初めての食感でした。刺身って1人で飲むときはそんなに食べられないのでチョイスに困りますが、少しずつたくさんの種類を食べられるのは非常に嬉しいことです。


福わらい
都美人の特別純米、750円。兵庫県あわじ市の都美人酒造の日本酒。2015年夏の生酒で、山田錦・無濾過生原酒でした。ふっくらとした甘みで飲みやすいけれどお米の味もしっかり。


福わらい
平政竜田揚げのサラダ仕立て、580円。ふっくらと揚がったヒラマサとサラダのバランスが絶妙。ねぎ、きゅうり、水菜、トマトなどの他に、りんごとみょうがが入っていたんだけど、このコンビが驚きの美味しさでした。


福わらい
花わさびと鳥わさ、400円。花わさびのいい香りが、新鮮な鶏のささみを引き立てます。日本酒が良く合う…!


福わらい
亀齢の万事酒盃中(ばんじさけさかずきのなか)、720円。広島県の亀齢酒造の日本酒。すっきり辛口で食事にばっちりです。


福わらい
豚バラ軟骨と新ごぼうの八角入り煮込み、500円。八角入りの煮込みということで濃い目のイメージだったんですが、予想外のさっぱり煮込み。豚の軟骨がコリコリいい食感なのと、最後に振りかけてくれる胡椒がお酒をすすめます。


福わらい
加賀鳶の極寒純米、500円。こちらのみ常温でいただきました。石川県の福光屋の日本酒。和食にぴったりのバランスのいい味。この日本酒は福わらいの定番で年中必ず置いてあるとのことです。


福わらい
ニラ玉子焼き、300円。ニラがたっぷりで安定のおつまみ。焼き具合も絶妙ですね。


福わらい
李白の純米吟醸、750円。雄町・無濾過生原酒。つるバラ酵母仕込みの純米吟醸だそう。濃厚な旨味とフルーティな香り、クイクイいけちゃいます。


お刺身が充実していて、天然はた(780円)、金目鯛(780円)、生本まぐろ赤身(780円)、いさき(680円)、関あじ(680円)、生とり貝(680円)など。他、単品メニューは新たけのことせせりの土佐煮(580円)、菜の花とハムの揚げ春巻き(450円)、燻製ベーコンと新玉ねぎのサラダ(450円)、いわしとらっきょ煮(300円)など。

飲み物は、キリン一番搾り中瓶(600円)、生レモン割り(500円)、緑茶割り(500円)、本格焼酎(500円)など。


非常に丁寧でこだわりを感じられる料理ばかりなので、正直どれでも間違いないです!それに合う日本酒も、ちょっとこの日は飲まなかったですが焼酎も充実していました。

外の看板に注目してほしいんですが、実は居酒屋の“屋”が“家”になっているんです。そんな大将の気持ちの通り、まるで家のようにゆっくりくつろげる雰囲気で、大将自身もとても気さくな方で会話でもいろいろ楽しませてくれました。


経堂に降りる際には是非!


【vol.214】福わらい(経堂/居酒屋)

最寄り駅:経堂駅
住  所:東京都世田谷区経堂1-11-13

“東京都世田谷区経堂1-11-13”


営業時間:18:00~24:00
定休日 :月曜

ジャンル:居酒屋|魚介
予  算:〜3,999円
どんな時:一人で|友人と

予  約:可
電話番号:03-3425-6628


☟気に入ったお店は以下のボタンを押してシェアをお願いします!
Posted in ◆経堂, ◇世田谷区, ●居酒屋, ★gallery, ☆blogComments Closed 

関連記事